Hitotsubashi Univ. Track&Field Club

主将挨拶



2021年度一橋大学・津田塾大学陸上競技部主将を務めさせていただきます、フィールドパート三年の中村拓己です。

新入生の皆さん、入学おめでとうございます。すでに入学してくださっている方々、見て頂き、興味を持って頂きありがとうございます。

私たち陸上部は『自己最高、歴代最高』をスローガンとし、約60名で活動をしています。
昨年度は新型コロナウイルス感染拡大の影響により、チームとして活動する時期が大幅に減ってしましました。この状況はこれからも続いていく可能性が大いにあります。そのような予測不能な中でも部全体として強くなっていくためには、個々人が支えあいながら目標記録の達成を目指し、来るべき部全体としての対校戦などの舞台に備えることが重要であると考えています。
部員が目標を達成するための環境やサポート体制は着実に整えていっております。是非、ともに高め合いながら記録を向上し、対校戦に勝つ喜びを分かち合いましょう。

部の選手層としては、大学から始めた選手から全日本インカレや日本選手権出場者まで多様な選手がいます。また、選手・マネージャー問わず、陸上競技に真摯に向き合う選手が多く、お互いに高め合うのに最適な環境であると感じています。陸上未経験者から実力者、マネージャー志望の方まで、どのような方も陸上競技部は歓迎します。

大学西キャンパス、陸上競技場でお会いしましょう。

 一橋大学・津田塾大学陸上競技部主将 中村拓己


女子主将より


女子主将代理を務めさせていただいております、佐々木恩愛と申します。当ホームページをご覧いただきありがとうございます。

私たちの部活は、全天候グラウンドで好きなだけ走れる恵まれた環境で活動しております。コロナ禍において、これまでと同じように部活動ができななくなり、自慢の全天候グラウンドが自由に使えなくなっても、それぞれができることを考え、協力しながら、難しい期間を乗り越えてきました。今までの当たり前が当たり前ではなくなった時、改めてこの部活の良さや強さを感じました。練習環境が整っていることだけでなく、一緒に記録を目指す部員とのつながりや、その意識を共有できる雰囲気もとても大切なんだと実感しました。この部活はそのような記録を目指す上で大切なものが揃っているのだと思います。
大学で陸上を始めたり、続けることや、この部活に入ることについて不安に思うことがあるかもしれませんが、ぜひぜひ、その不安はグラウンドに来て部員に直接聞いてみてください。
グラウンドで待ってます!!!


 女子主将 佐々木恩愛


練習時間


・全体練習 :(水)15:30〜・(土)10:00~
・パート練習:(月・金)15:30~

全体練習日は部員全員が必ず出席します。パート練習はパートで集まります。その他の日は基本的にフリーですが、やる気のある人は各自グランドにきて練習しています。



活動場所

一橋大学西キャンパス陸上競技場
(下の地図を参考にして下さい)



練習環境



2014年4月に全天候化(タータン化)が完了し第4種公認陸上競技場となりました。普段の練習でも使用しますし、ここで公式の試合を開催することもできます。 トラックは陸上部の部室を出てすぐのところにあるため非常に使い勝手が良く、部の活動日以外でも陸上部員ならいつでも使用することができます。

新しく作られたばかりのタータントラックは走り心地抜群ですので、ぜひ一度西キャンパスの競技場までお越し下さい。


パート紹介(各パートのHPにジャンプします)


  • 短距離パート

  • 中距離パート

  • 長距離パート

  • フィールドパート

  • マネージャーパート


  • Q&Aコーナー!


    Q. 部員の競技レベルはどのくらいですか?

    A. 大学から競技を始めた初心者から日本選手権に出場する選手まで、選手のレベルは様々です。みな、自分なりの目標を持って練習に励んでいます!

    Q.陸上未経験者なので、大学から始めて上手くやっていけるか不安です。。

    A.初心者でも全く心配いりません。この部には未経験者だった部員が多数います。具体的には、元バスケ部(短距離)、元サッカー部(中距離)、テニス部(長距離)、元野球部(投擲)、元体操部(跳躍)、元バレー部、元文化部などの部員が現在います。

    Q. そもそも自分の適正種目がわかりませんが、それでも大丈夫でしょうか?

    A. 大学内にある全天候型トラックで、ほとんど全ての陸上競技の種目に挑戦することができるので、その中で自分が適正のある種目、やりたい種目を自由に探すことができます。

    Q. 練習の見学はできますか?

    A. できます。直接グラウンドに来て部員に声をかけていただいても良いですし、新歓担当まで連絡をしてもらえれば競技場まで案内します。

    Q. 勉強との両立はできますか?

    A. 大丈夫です。練習日は週4日ですし、一回の練習にかかる時間も2~3時間ほどです。授業や実習と重なった場合はそちらを優先できます。もちろん、留学することも可能です。
    学業の成績が優秀な部員も多く、最近では短距離種目の一橋記録をもつ部員が海外留学交換生に選ばれました。過去には卒業式で総代答辞を読んだOB(跳躍種目の一橋記録保持者)や、学・競ともに優れた選手に送られる関東学生陸上競技連盟賞を受賞したOB(長距離種目の一橋記録保持者)もいます。

    Q. アルバイトや他のサークル活動をすることはできますか?

    A.練習や試合の時間に被らなければすることができます。多くの部員がアルバイトをしており、他の団体にも所属している者も何人かいます。

    Q.部活動を続けながら、ちゃんと就職・進学もできますか?

    A. 問題ありません。陸上部の歴代の先輩方は、4年間存分に競技に打ち込んだ後で、様々な分野に進まれています。大学時代一生懸命部活動に励んだことは、就職活動や院試などにおいても非常に役に立っているようです。

    Q. オフはありますか?

    A. あります。夏と春に約2週間のオフが1回ずつあり、年末年始も休みとなっています。
    詳しくはこちらのスケジュールをご覧ください。

    Q. 年間で費用はどのくらいかかりますか?

    A. 部費は年間8000円です。他の主な費用は、年に2~3回の遠征費、合宿費、1年生は他にジャージ・ユニフォーム代・ウィンブレ代ですが、OBOG会から多額の補助を受けられます。(個人の靴類以外の用器具も全額補助)

    Q.一橋大学陸上競技部の歴史、OBOGはどんな感じですか?

    A.2023年に創部100周年を迎えます。一橋大学の中でも極めて歴史ある運動部で、現在500名以上のOB・OGがおり物心両面で学生部員を支援しています。卒業生の進路は多岐にわたり、五大商社や大手メーカーの社長といった有為な人材を多数輩出しています。
    OBOGの紹介詳細

    SNS

    TwitterやFacebookにも一橋大学陸上競技部の情報を掲載しています。
    また、部員ブログにて陸上部の日常を知ることができるのでこちらも合わせてご覧ください。

    (見たいページのロゴマークをクリックしてください)




    お問い合わせ

    練習の見学を希望する方や、何か疑問点のある方はお気軽にお問い合わせください。

    小関三四郎(短距離3年)


    HOME