Hitotsubashi Univ. Track&Field Club

パート紹介

長距離パート



長距離パートでは主に男子が5000m・10000m・ハーフマラソン、女子が1500m、3000m、5000mを専門としており、個人の目標達成そしてチームの勝利に貢献するために日々トレーニングを積んでいます。
中・高と継続して長距離をやってきた人はもちろん、高校まで別のスポーツをやっていた初心者の選手もいます。

大学では自分で考え自分で練習することが求められるため、自分の状態に合わせたトレーニングを行うことができます。ほとんどの選手が大学で自己ベストを更新しており、記録の向上という形で自らの成長を日々実感しています。また、過去に多くの五輪選手を育てた浜田安則さんがコーチをしてくださっているので、高いレベルの指導を受けることができ、我々の自己記録向上を大きく後押ししてくれます。

夏には中長距離のメンバーだけで合宿があり、当然練習は厳しいですが、空き時間に様々なイベントがあり大学生活の大きな思い出となります。

男子長距離は10月に立川市で行われる箱根駅伝予選会に毎年出場していて、昨年は従来の学内記録を大きく更新する活躍を見せました。予選会は多くの強豪校が箱根駅伝出場を目指して参加する非常にレベルの高い大会で独特の雰囲気をもっており、一橋大学長距離部員の多くがこのレースを最大の目標としています。

男子も女子も冬には駅伝があり、チームの優勝を目指して襷を繋ぎます。陸上は基本的に個人競技ですが、このように時にチームとして戦える点も長距離の魅力です。皆さんも我々と是非一緒に戦いましょう!。


長距離パートチーフ 佐々木海







長距離女子パートは2年生4人、1年生3人の計7人で活動しています。

9月に開催される関東女子駅伝で、去年より強いチームで挑むべく、全員で強くなることを目標にしています。練習メニューは、距離をふむこと、楽に速く走ることを重視しています。また、マラソン女子オリンピック選手を育てた経験を持つ浜田さんがコーチとして来てくださり、技術的にも精神的にも支えていただいています。部員は愛すべき人ばかりなので是非仲良くしてください!
走るのが好きなかたをお待ちしております!


長距離女子パートチーフ 笹木晴奈